【WIMAX】W01の白ロムバージョンを購入してHWD15から差し替えてみました。

先日ちょっと記事で書いていたwimaxの『W01』の白ロム端末を購入してHWD15で利用しているmicroIDカードを差し込んで起動できるかの実験です。

【白ロムとは】

携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込む方式の機種で、契約情報が記録されていないものをいう。

つまり、ネット回線を契約していないただの端末だけということになります。

 

もばるー編集部

実際に現在では新し目の端末「W04」や「WX03」端末でもAmazonにて販売している契約なしの端末でも問題なく動作しました。

おそらく「WX04」もAmazonで出回るようになったら問題なく利用できるのではないかと思っています。

 

アマゾンで『W01』は安く購入できる

白ロムのW01に乗り換えたい人というのはおそらくHWD15やNAD11ですでにwimax2+の契約をしてしまっている人が対象ですね。

s-DSC03582

私が購入したのは4月の12日頃です。その時でW01は8500円でした。代引き手数料含めて8,824円ですね。

WIMAXのネット契約をすれば端末は無料になるので、これが高いか安いかと言われると正直微妙です。ただし、下り220Mbpsの端末へ乗り換えたいHWD15もしくはNAD11ユーザーにとっては安く感じるかもしれません。


Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 マリン HWD31SLU

HWD15とW01の外観と大きさ比較

s-DSC03583

左側が、HWD15。右側がW01です。同じファーウェイというメーカーでW01がHWD15の後継機ということになります。

HWD15が横幅が大きく、W01が縦に長いです。

s-DSC03584

 

薄さについてはW01の方がだいぶ薄いです。その分バッテリーは2時間ほど短くはなっています。

w0121

W01の方がやっぱり薄い分、コンパクト感があります。iPhone5のような感じですね。

 

HWD15のICカードをW01へ入れ替えてみる

s-DSC03586

まずHWD15側のマイクロICカードを抜き去ります。これがWIMAXの通信を行うために必要なICカードです。スマートフォンでも同じですよね。

s-DSC03587

そして抜き出したこのICカードをW01側へ差し込みます。

s-DSC03588

そして電源を入れてみます。

s-DSC03589

ちゃんと起動しましたね。『WIMAX2+』の電波もしっかりキャッチしています。

結果としては

HWD15で契約しているICチップを差し替えれば新端末のW01でも通信ができるということですね。

所有しているWIMAX端末が3台になりました

wimaxtanmatu3

今さらなんですが、私もWX01はW01と同じように白ロムを探して端末だけ購入すればよかったかも?と後悔しています。ICカードを差し替えれば使えるということですからね。


Wi-Fi WALKER WiMAX 2プラス HWD15 ホワイト HWD15SWU

HWD15はすべてのモードが切り替えて利用できるという点で非常に人気の為、価格が高騰しています。

追記:現在HWD15はヤフオクのほうが安く手に入るのがおすすめです

⇒ HWD15をヤフオクで検索


Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 マリン HWD31SLU

ただし、WX01の白ロムについてはまだちょっと高いです。もう少しすれば安くなるかもしれませんね。


Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX01 ディープブルー NAD31SLU

また、契約している内容で通常プランなら7GBまで、ギガ放題なら無制限というのは端末を変えても変わりませんので自分のWIMAXの契約内容は把握しておいた方がいいです。

特にNAD11を使っていた人が、W01に乗り換えて、急にauのLTEを使ったら請求金額が高くなったりしますので注意です。

auのLTE通信を行う場合は追加料金(1,055円)に気を付けましょう。

次は『HWD15』『WX01』『W01』の速度の比較をしてみます。

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

7 件のコメント

  • 光回線を契約出来ないのでauのHWD15を使ってyoutubeやオンラインゲームをしているのですが速度が出なくて困っています。それでauのW01に替えようか悩んでいるのですがよろしければ現時点でのHWD15とW01の速度を測って画像を載せてもらえないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 当方GMOでHWD15をwimax2+のギガ放題が始まる前に契約しました。故に、旧料金で二年間のみ無制限というラッキーな状況下にあるわけですが、あと半年余りとなったことから乗り換えを検討してます。ネットで色々調べると、かつてのwimaxルーターは本家UQと一部のMVNOを除いて黒ロムであるようですが、wimax2+になってからはSIMタイプに変更になったことから全て白ロムであるといった記載も見つけました。私はいずれGMOを契約満了で解約した後、broadwimaxを新たに契約し、SIMをHWD15に入れ換えて使えないかな、と考えています。というのも、broadwimaxだとライトプランが最も安く、HWD15の恩恵を最大限受けられるからです。(∵7GBまではwimax2+、7GBを越えたらwimaxで運用可能)果たしてwimax2+は全て白ロム説はどこまで正しいのでしょうか?

    • 私の実際に契約している端末でのお話になってしまうのですが、

      2014年8月入会のとくとくBB【HWD15端末】
      2015年3月入会のとくとくBB【WX01端末】

      現在この2台を契約しており、W01端末をamazonで購入しすべてSIMカードを差し替えて動作確認を行ったのですが、すべて正常に動作しました。(※auLTE通信は未実施)

      どちらで契約したSIMカードでも手元にある3端末が動作するということはこれらの機種はすべて白ロムと認識して良いと思っています。

      ただし、最新端末のW02やWX02については実際に検証していないので、amazonでの価格が落ち着いたら入手して実験しようかなと考えています。

  • Kualnetで契約したW01端末が劣化してきたので新規でW01端末を買ってSIM交換しようと思うのですが、SIM交換した場合に追加料金の発生とかはないんでしょうか?(交換先の通信だけ別料金とか・・・)

    • Kualnetでも大丈夫です。

      端末のみを入れ替えて新しいW01側でICカードを入れて利用しても今までの契約の月々の支払いだけで、特に追加料金などは発生しませんよ!

      また、もしW01が他の故障などの可能性という話であればKualnet側で修理、交換などのサポートも対応している可能性があると思いますので、一度問い合わせてみたほうが良いかもしれません。もしもバッテリーの劣化で交換したいということであれば難しいとは思いますが。。

      • 返答ありがとうございます。
        安心しました。

        一応、修理も最寄りのauショップに誘導されましたので聞いてみたのですが、修理期間中の代替機で同じクレードルが使用可能なW01等の貸出無いとのことでしたので、デスクトップPC2台のネット接続方法がなくなるためNGとなりました。

        お察しの通り、バッテリー劣化なので本体がぷっくり膨れてます(画面部分が若干飛び出てる状態です)。

        WIMAXからの乗り換えキャンペーンで機種購入したもので、あと半年は月7GBの制限なしの状態で、ギガ放題ではない方の2年プランの価格から更に割引された料金になってるので、下手に解約して新規契約するより半年だけ白ロムで買ったほうが安く済む状況でした。

        早速、アマゾンで同じ県内のお店に白ロムで注文しました。
        W01の新品白ロムが約7000~10000円位のようです。
        注文して翌日の昼に届きましたので、現在はSIM入れ替えした状態で書き込みしています。
        長文失礼しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です