wimaxのキャンペーン比較!絶対損しない最安値は?【2017年12月版】

契約者が選ぶガチのWIMAXキャンペーン比較

【2017/12/11更新しました】

もばるー編集部
WIMAXを6年も使い続けてきたWIMAXヘビーユーザーが選ぶ、間違いなく損しない2017年の12月のWIMAXの最新キャンペーンと最安値のプラン比較をしていきます。

WIMAXのモバイルルーター

※使用してきた歴代と新型のWIMAXの端末達です。

私の場合、新たなWIMAXルーターが発売されるたびに最新端末と最新プランを契約をしているので「どこで申し込みするか?」と常に慎重にプロバイダ選びを行っているので参考になると思います。

WIMAXは多数のプロバイダや代理店で申し込みができますが、同じサービスを提供しているのにキャンペーンや毎月の費用に差が大きくあります。

  • 家電量販店やauショップは高い
  • 業者毎でWIMAX通信の品質の違はない
  • オプション加入がほぼ無しの契約
  • キャンペーンだけで決めてしまわない

それらをしっかりと理解した上で「失敗しないWIMAXプランの申し込み」をするべきだと思っています。

2017年12月のwimaxキャンペーンを比較

WIMAXはたくさんの提携会社からサービス申し込みを行うことができますが、単純に月額料金の微々たる差や打ち出しているキャンペーンが違うだけです。

その中でも特に安く利用できる総額が非常に安いWIMAXプロバイダに厳選して比較していきます。

「月額料金」をキャンペーンの特典を含め実質料金を算出して比較

数字が並びすぎてややこしいかもしれないのですが、単純に「実質の月額料金」を比較した場合の下記のグラフを見てください。

申込者80%で人気!【上限なしのギガ放題プラン】

ギガ放題WIMAXの実施料金

申込者20%のライトプラン【7GBの通常プラン】

wimaxの特典を含む7GBプランの実質月額を比較

※計算式は【月額料金✕24ヶ月−キャッシュバック÷24】で実質の月額費用を算出しています。

このグラフを見ると7GBプランなら『DTI』、ギガ放題プランなら『とくとくBB』純粋に安いことが分かります。

もばるー編集部
ただし月のデータ通信量を気にせずに使いたい方が多いのでWIMAXを契約する方はほとんどが「ギガ放題」を選択しています。

よってとくとくBBが一番人気です。

↓それぞれのプロバイダのキャンペーンと月額費用と実質を一覧で並べました。

プロバイダと月額 特典と実質料金
 

7Gプラン:3,609円
ギガ放題:4,263円

ギガ放題なら「絶対最安値」

【特典】
31,000円
キャッシュバック

【実質】
7Gプラン:2,317円
ギガ放題:2,916円 【最安値】
→もっと詳しく
 ビッグローブ

7Gプラン:3,695円
ギガ放題:4,380円
「口座振替決済OK」

口座振替対応のWIMAXで最安値

【特典】
最大30,000円キャッシュバック

【実質】
7Gプラン:2,445円
ギガ放題:3,072円
→もっと詳しく
ブロードWIMAX

7Gプラン:2,726円
ギガ放題:3,411円
「口座振替決済OK」
※ただし初期費用が発生

月額が大幅割引で月々の支払いが安くなる

【特典】
月額大幅割引

【実質】
7Gプラン:2,726円
ギガ放題:3,353円
→もっと詳しく
3WIMAX

7Gプラン:3,695円
ギガ放題:4,330円

どの端末でもキャッシュバックが高額

【特典】
33,000円
キャッシュバック

【実質】
7Gプラン:2,375円
ギガ放題:2,997円
→もっと詳しく
 カシモ

7Gプラン:2,680円
ギガ放題:3,380円

月額料金が「破格の1,380円」から

【特典】
月額大幅割引

【実質】
7Gプラン:2,795円
ギガ放題:3,213円
→もっと詳しく
 ソネット

7Gプラン:3,609円
ギガ放題:4,263円

サポートとセキュリティも充実

【特典】
月額大幅割引
【実質】
7Gプラン:3,413円
ギガ放題:3,255円
→もっと詳しく
 DTI

7Gプラン:3,609円
ギガ放題:4,263円

7GBプランなら「最安値」

【特典】
30,000円キャッシュバック

【実質】
7Gプラン:2,250円 【最安値】
ギガ放題:2,950円
→もっと詳しく
 UQWIMAX

7Gプラン:3,696円
ギガ放題:4,380円
「口座振替決済OK」

WIMAX本家サービス元になりサポートや知識が充実

【特典】
10,000円JCBギフトカード

【実質】
7Gプラン:3,279円
ギガ放題:3,963円
→もっと詳しく

また逆に支払い方法がクレジットカード以外であればビッグローブがおすすめですし、セキュリティサービスも一緒にほしい場合はソネットが良いなど、サービス面で見ると細かく違いが出てきます。

一番安く使えるプロバイダだけ紹介すればいいのでは?と思うかもしれませんが、今回厳選したWIMAXプロバイダを紹介する理由として「自分に一番安く使えるのはどのプロバイダの条件が当てはまるのか?」ということも大事な要素になると思っています。

プロバイダごとでその特徴がありますのでそれも気にしながらチェックしてもらえると幸いです。

次にそれぞれのWIMAXプロバイダのサービス内容の特徴やキャンペーン内容を詳しく説明したいと思います。

①WIMAXでギガ放題が一番安い!『とくとくBB』

とくとくBBのWIMAX詳細

2年間総合含めてもWIMAXは最安値

とくとくBBのWIAMXが最安

【ポイント1】:キャッシュバックキャンペーン

通常プラン 7GB
(月額費用3,609円
キャッシュバックを含む実質
1,112円/月(1年目)
2,317円/月 (2年間)
ギガ放題プラン
(月額費用4,263円
※2ヶ月間は3,609円
キャッシュバックを含む実質
1,570円/月(1年目)
2,916円/月(2年間)

年間利用してキャッシュバックを受け取った時点での実質です

実質計算の出し方は??と気になった方のために例としてギガ放題の2年間の計算式を説明すると

4,263円✕24ヶ月分 = 102,312円 − 1,308円(初回から2ヶ月は3,609円の為、1,308円分の割引) 101,004が2年間の総額になります。

ここに特典が101,004円 − 31,000(キャッシュバック)= 70,004円(2年総額) よって月額に換算すると月2,916円になります。

キャンペーン 26,100円〜31,000円のキャッシュバック

キャッシュバックも他のプロバイダと比べても最高額です。

↓取扱モバイルルーターや端末ごとのキャッシュバック額は異なります

  1. WX03 ⇒ 29,100円(クレードル付きは26,100円
  2. W04 ⇒ 31,000円(クレードル付きは28,000円
  3. Speed WiFi HOME L01⇒ 29,150円
  4. 『NEW』WX04 ⇒ 30,100円(クレードル付きは追加で3,680円支払い)

最新端末のWX04は3年契約が必須になります。そしてクレードル希望の場合は初回でクレードル代金の支払いが必要です。

もばるー編集部
【注】キャッシュバック受け取りのタイミングは11ヶ月以降になります。またとくとくBB専用のメールが11ヶ月後に届き、手続きの後に13ヶ月後に指定口座に振込されます。

このキャッシュバックキャンペーンが数あるWIMAX事業者で総合的に一番安くなります。

【ポイント2】:月額割引キャンペーン

キャッシュバックのタイミングを逃しそうor忘れがちな方はWIMAXの月額料金が割引キャンペーンで最初から安い2,590円~のプランもあります。

月額割引が大きいとくとくBBのWIMAX
通常プラン 7GB
(月額費用2,690円
申し込み〜2ヶ月2,590円
3ヶ月〜2,690円/月
ギガ放題プラン
(月額費用3,344円
申し込み〜2ヶ月2,590円
3ヶ月〜3,344円/月

13ヶ月後の特典の受取に自信がなく最初から確実に料金だけ安ければ問題なしという事であればこちらのプランの方がおすすめです。

また最新端末のWX04も含む3年契約でLTEオプションが無料になるキャンペーンだと2ヶ月間は2,470円〜利用できます。

  • 初期費用 3,000円
  • モバイルルーター端末 無料
  • 支払い方法 クレジットカードのみ
もばるー編集部
こちらもキャッシュバックキャンペーンと張るぐらい人気のキャンペーンですので、最初からこちらを選択するのもアリだと思います。

とくとくBBWIMAXの最大の特徴

  • 2年間の総額で見ても他プロバイダと比較しても最安値(ギガ放題)
  • 端末ごとのキャッシュバックが高額
  • 最新端末も高額キャッシュバック対象
  • 月額割引のキャンペーンも非常に安い

とくとくBBの口コミや契約者が語るキャッシュバックの受取の注意点やポイント↓

②最新「WX04」で高額キャッシュバックなら『ビッグローブ』

ビッグローブのWIMAX詳細

WX04の特典が熱い or 口座座振替対応もOK

ビッグローブのWIMAXキャンペーン

【ポイント1】WX04限定の高額キャッシュバックキャンペーン

通常プラン 7GB
(月額費用3,695円)
キャッシュバックを含む実質
1,195円/月(1年目)
2,445円/月(2年間)
ギガ放題プラン
(月額費用4,380円)
キャッシュバックを含む実質
1,880円/月(1年目)
3,072円/月(2年間)
最新端末のWX04がクレジットカード決済で30,000円のキャッシュバック

口座振替でも10,000円のキャッシュバック

【ポイント2】月額割引とキャッシュバックのダブルキャンペーン

通常プラン 7GB
(月額費用3,195円)
※1〜2ヶ月2,595円 
キャッシュバックを含む実質
2,011円/月(1年目)
2,520円/月(2年間)
ギガ放題プラン
(月額費用3,880円)
※1〜2ヶ月2,595円 
キャッシュバックを含む実質
2,582円/月(1年目)
3,147円/月(2年間)

WX03、W04、L01、の端末が対象の月額割引と15,000円のキャンペーンです。毎月の出費費用も安いのですが、2年経過した時点でのトータルは新型端末WX04のキャンペーンの方が安いですね。

  • 初期費用 3,000円
  • モバイルルーター端末 無料
  • 支払い方法 クレジットカードor口座振替もOK
もばるー編集部
キャッシュバックは契約から12か月後にアンケート回答をいただき、自宅へ振替払出証書をが届きます。とくとくBBやso-netと比べるとキャッシュバックは受取方法がシンプルで手続き忘れが少ないのもメリットです。

またキャッシュバック額はWIMAXの選べる端末によって異なります。

最新端末「WX04」を狙うなら一番高いキャッシュバックがもらえます。

クレジットカードなら3万、口座振替なら1万

何かと話題になっているWX04がクレジットカードでの決済なら30,000円、口座振替なら10,000円のキャッシュバックが受け取ることができます。

正直どのプロバイダか迷っていいてなおかつWX04端末がほしいという方にはこのキャンペーンが一番おすすめできます。

その他の「W04」「L01」「WX03」の端末ならクレジットカード決済で15,000円のキャッシュバック+月額料金の割引があります。

WX04以外の端末で15,000円+月額割引

さらに毎月の月額料金から500円の割引が適用されます。(WIMAXもともとの500円割引と端末代金の割引は他社と同じ条件なので省いた状態です)

※口座振替決済を選択した場合はキャッシュバックが適用されないので注意してください※

よって従来までのBIGLOBEの月額料金が

  • 通常プラン(7GB)3,695円3,195円
  • ギガ放題プラン 4,380円3,880円

と非常に毎月の費用も安くなっています。

ビッグローブの割引額

ビッグローブの割引の内訳ですが、

  • WIMAXの通常2年間500円の割引= -12,000円 ※1
  • BIGLOBE独自の2年間500円の割引= -12,000円
  • モバイルルーター端末代金= -19,200円 ※1
  • ギガ放題なら2ヶ月間= -2,570円割引

ギガ放題をBIGLOBEで契約した場合は上記の総額で「最大45,770円の割引」が適用されるという計算になります。
※1 他社プロバイダでも通常通り適用される割引となります。

ビッグローブWIMAXの最大の特徴

  • キャッシュバックが最大30,000円 or 15,000&月額料金の割引
  • 大手通信サービスでサポートが手厚い
  • 口座振替に対応

③クレカ決済で初期費用と月額が安くなる「BroadWIMAX」

BroadWIMAXの詳細

月額費用が最初から非常に安いシンプルなWIMAXプラン

ブロードwimaxの初期費用割引

【ポイント】:月額が純粋に安いキャンペーン

通常プラン 7GB 2,726円
ギガ放題プラン 3,411円(最大3ヶ月は2,726円)
  • 初期費用 3,000円(口座振替なら+18,857円)
  • モバイルルーター端末 無料
  • 支払い方法 クレジットカード or 口座振替
キャンペーン WEB限定の初期費用割引

通常なら事務手数料3,000円の他にかかる18,857円の初期費用がクレジットカード決済で無料になります。※口座振替の場合は18,857円の割引が適用されません※

もばるー編集部

Broad WIMAXはクレジットカード決済の場合のみ「18,857円の初期費用割引」と謳っていますが、他のプロバイダはこの初期費用については最初から無料です。

その為基本的には月額料金が多少安いプロバイダと考えて良いと思います。

ただし、月額料金は最初から安く設定されているため、とくとくBBに匹敵する月額プランです。

もしも口座振替での決済を希望するなら一番安く利用できるのは【ビッグローブ】が良いでしょう。

Broad WIMAXの最大の特徴

  • 月額料金が通常プラン、ギガ放題どちらも安い
  • WEB限定初期費用の割引は口座振替だと適用されない
  • 最大3ヶ月間のギガ放題の月額料金が割引される

④料金もシンプルで7GBプランなら最安値の『DTI』

DTIWIMAXの詳細

通常プラン(7GB)は月額に変動がなくシンプル&最安

DITのWIMAXはシンプルな料金プラン

【ポイント①】:どの機種でも30,000円キャッシュバック

通常プラン 7GB
(月額費用3,500円
キャッシュバックを含む実質
1,000円/月(1年目)
2,250円/月 (2年間)
ギガ放題プラン
(月額費用4,300円
※3ヶ月まで3,500円
キャッシュバックを含む実質
1,533円/月(1年目)
2,950円/月(2年間)

DTIのキャンペーンはとくとくBBとは異なり選ぶ機種によってキャッシュバックの変動はありません。

もばるー編集部

「WX03」「W04」「L01」どれを選んでも30,000円のキャッシュバックです。

ただし最新端末の「WX04」は現在DTIでは取り扱いがありません。

  • 初期費用 3,000円/ギガ放題 or 5,000円/7GBプラン
  • モバイルルーター端末 無料+クレードルは有料
  • 支払い方法 クレジットカードのみ
初期費用は7GBプランを選んだ場合は通常の事務手数料より多少高くなるのは注意です。また支払い方法はとくとくBBと同じくクレジットカード決済のみとなります。

【ポイント②】:DTI会員限定の割引優待「DTI Club Off」が利用できる

DITでWIMAXを契約すると契約期間中に施設割引

DTI経由でWIMAXを契約し会員の間はレジャー・ホテル・飲食店・映画など全国各地の提携店の割引が受けられます。身近なグルメ割引でもメジャーな店舗が多いです。

【DTI公式】DTI会員限定の割引優待「DTI Club Off」

WIMAXの通常サービスだけではなくファミリー、お子さんが多い方にはDTI経由のWIMAXがおすすめかもしれないですね。

「DTI」WIMAXの最大の特徴

  • 2年間の総額で7GBプランは最安値
  • 料金はシンプルで分かりやすい(7GBプラン)
  • DTI会員の提携サービス が受けられる
  • キャシュバックはどの機種でも3万円

⑤安心の月額の大幅割引で特典受取が心配な方は『カシモWIMAX』

カシモWIMAXの詳細

キャッシュバックは無いけども毎月の支払いが安い

完全月額割引のカシモWIMAX

【ポイント①】:初月からは大幅割引の1,380円の月額

通常プラン 7GB
(月額費用2,680円
申し込み〜2ヶ月1,380円
3ヶ月〜2,680円/月
ギガ放題プラン
(月額費用3,380円
申し込み〜2ヶ月1,380円
3ヶ月〜3,380円/月

カシモWIMAXはキャッシュバックなどの特典が無いのですが、毎月の出費を押さえたいと考えている方には非常におすすめの料金プランです。

もばるー編集部

公式サイトでは1,380円を大きく紹介していますが、実際は契約から最大2ヶ月の間だけその料金の適用となりギガ放題も7GBプランも3ヶ月目から多少高くなります。

ただしそれを踏まえても月額料金は安く押さえられています。

また注意点としては取り扱いのWIMAX機種が少ない事です。モバイルルーターは「W04」しか取り扱いがなく後は「L01」とUSBタイプの「Triprouter」のみです。

また注意しなければならない点としてauスマートバリューmineに対応していません。

【関連】auスマートバリュー対応のプロバイダ一覧

もしもauのスマホユーザーであれば「とくとくBBの月額割引キャンペーン」の方が総合的には安くなります。

「カシモ」WIMAXの最大の特徴

  • 月額料金が非常に安く料金はシンプル
  • auスマートバリューmineは非対応
  • キャッシュバックがない分毎月の費用が抑えられる
  • 取り扱い端末が少ない

⑥キャッシュバックは一番高額な「3WIMAX」

BroadWIMAXの詳細

どの機種を選んでも他社プロバイダより一番高い33,000円のキャッシュバックがもらえる

キャッシュバックが一番高い3WIMAX

【ポイント】:33,000円のキャンペーン

通常プラン 7GB
(月額費用3,695円
キャッシュバックを含む実質
945円/月(1年目)
2,375円/月 (2年間)
ギガ放題プラン
(月額費用4,330円
※2ヶ月まで3,695円
キャッシュバックを含む実質
1,533円/月(1年目)
2,959円/月(2年間)
  • 初期費用 3,000円
  • モバイルルーター端末 無料
  • 支払い方法 クレジットカードのみ
公式サイトでは7GBのライトプランが3,495円、ギガ放題が4,130円と表記されていますが、別途200円の3WIMAX会員費が発生しますので、予めプラスしています。
もばるー編集部

取扱機種は「W04」「U01」「L01」の3つで選択肢が少ないのがデメリットですが、W04が持ち運びも複数接続も兼ねているおすすめ端末です。

キャッシュバック受取のタイミングは13ヶ月後の15日に3WIMAX会員サイトのメール宛に届きますのでそこに受取口座の指定を行う必要があります。

3WIMAXの最大の特徴

  • キャッシュバックが他プロバイダと比べても一番高額
  • 月額料金やスマートバリューをあわせると非常に安くなる
  • 取扱機種は少ないがすべて同じ特典が適用される

⑦初心者に絶対おすすめのセキュリティサポートが充実の『ソネット』

ソネットのWIMAX詳細

大幅な月額割引のキャンペーンと1年無料の手厚いサポート

so-netWIMAXは最新端末の月額が安い

【ポイント1】:WX03限定月額割引キャンペーン

ギガ放題プラン
(月額費用4,180円)
初月無料
1〜18ヶ月3,180円
18〜24ヶ月3,480円
3,255円/月(2年間)

ギガ放題限定でさらにWX03端末限定で行っている大幅割引のキャンペーンです。

ここにさらにセキュリティサービスやサポートが期間限定で無料で利用できる為、初心者にはおすすめの割引キャンペーンです。

ソネットで一番ギガ放題を安く使うなら「WX03」のキャンペーンがおすすめです。

【ポイント2】:最新端末WX04 or W04の月額割引キャンペーン

ギガ放題プラン
(月額費用4,180円)
初月無料
1〜2ヶ月2,680円
3〜24ヶ月3,480円
25〜36ヶ月4,379円
3,413円/月(2年間)

so-netでは最新機種の「WX04」も月額割引のキャンペーンを行っています。ただしWX04の場合は3年契約が必須になるため注意が必要です。

もばるー編集部

以前はキャッシュバックキャンペーンを行っていたようですが、今回12月からキャッシュバックは終了しています。

  • 初期費用 3,000円
  • モバイルルーター端末 無料
  • 支払い方法 クレジットカードのみ
※注意点として公式サイトは200円安く表示されていますが、月額料金に+モバイルコース代金(月200円)がかかります。

このモバイルコース代金が発生しない対象の方は既にso-netの光回線などを利用している既存会員のみとなりますので、注意してください。

例として「WX03限定」で月額2,980円のキャンペーンの場合、正確には上記のコース料金(200円)が加算され3,180円です。

もばるー編集部
初月から2ヶ月はWX04とW04の割引キャンペーンは2,480円+200円(会員費)=2,680円ということなので、ギガ放題ならかなり毎月の支払いが安いと感じると思います。

またソネットの大きな特徴としてWIMAXと同時申し込みで「セキュリティサービス」「安心サポート」「機器の保証サービス」が12ヶ月無料でついてきます。

もばるー編集部

他社と比べるとサポートに力を入れていますので、安心度は高いです。そして接続サポートや機器の保証サービスが12ヶ月無料なのはso-netだけです。

特に初めてWIMAXを利用する方、設定や接続に自信がない初心者の方には一番おすすめ出来るプロバイダです。

so-netWIMAXの最大の特徴

  • すべての機種で大幅な月額割引キャンペーン
  • セキュリティソフトやサポート・保証サービスが1年間無料
  • 初心者の方には絶対におすすめできる

⑧安心とサポート充実なWIMAX公式の『UQワイマックス』

UQWIMAXの詳細

公式のサポートの安定感が人気
UQwimaxのキャンペーン

【ポイント】10,000円分のJCBギフトカードのプレゼント

通常プラン 7GB
(月額費用3,696円)
ギフトカード含む実質
2,446円/月(1年目)
3,279円/月(2年間)
ギガ放題プラン
(月額費用4,380円)
ギフトカード含む実質
3,130円/月(1年目)
3,963円/月(2年間)
  • 初期費用 3,000円
  • モバイルルーター端末 1円~4,800円
  • 支払い方法 クレジットカードor口座振替もOK
キャンペーン 商品券1万円分

また、上記のプロバイダと比べてUQwimaxだけが唯一、3ヶ月間『ギガ放題』プランが従来の値段設定で利用できます。※他のプロバイダは最大2ヵ月間です。

wimaxプランの見直し

UQWIMAXの最大の特徴

  • 商品券10,000円分プレゼント
  • いろいろな契約プランが選べる
  • 支払い方法が口座振替も選べる
もばるー編集部
WIMAXの本家となるUQコミュニケーションズですが、サポートは一番充実しており初心者にはおすすめ出来るプロバイダなのですが、やっぱり特典や月額の割引額を比較すると他社のプロバイダの方が魅力的ではあります。

WIMAXプロバイダごとの取り扱い機種を比較

WIMAXのモバイルルーター

WIMAXの通信を快適に利用するために一番高性能な機種を使いたいと思っている方は多いはずです。

現在WIMAX申込者で人気なのは「WX04」と「W04」の2機種です。

 【取扱機種】 WX04
【最新】
W04 WX03 L01
とくとくBB  ◎  ◎  ◎  ◎
DTI  ✕  ◎  ◎  ✕
カシモ  ✕  ◎  ✕  ◎
Broad  ◎  ◎  ◎  ◎
3WIMAX  ✕  ◎  ✕  ◎
Biglobe  ◎  ◎  ◎  ◎
so-net  ◎  ◎  ◎  ◎
UQWIMAX  ◎  ◎  ◎  ◎

W04はどこも取り扱っている事業者が多いのですが、先月発売されたWX04はに関しては取り扱っていない事業者もあります。

どの機種もUQWIMAX以外はすべて無料で手元に届くことを考えれば「わざわざ旧機種を選びたくないというのが本音」です。

もばるー編集部

実際に私が最新のWX04も含め旧機種と速度比較をしているので参考にしてみてください。

【関連】「レビュー」WX04とW04・WX03の速度を比較

新しい機種ほど定期的なファームウェアのアップデートを行い、より高速通信に向けて順次対応をしていくので私的にも最新端末を選ぶ方が絶対良いと思っています。

WIMAXは料金を重点に比較したほうが良い理由

料金を重点に考える

WIMAXはどのプロバイダから契約したとしても提供されるインターネット通信の速度、モバイル端末、サービス内容は全く同じです!

ただサポートやセキュリティソフトがあるなしについての追加サービスのみ違うのですが、利用時のサービスが一緒ということであればあとは比較するのは特典も含め実際に支払う料金の違いだけになります。

もばるー編集部

このプロバイダは格安SIMなどのように「料金が安いからデータ通信量やサービスの質に影響があるんじゃないか?」と考える方もいるかと思いますが、全然同じサービス、そして品質で利用ができますのでその点は安心して良いと思います。

私も実際に「とくとくBB」で契約をしているのですが実際に快適に利用できています。

ですから、それを考えると実際にどれくらい負担するのかの実質負担額を一番気にした方が良いと思います。そう考えると上記の表のように実質の料金が安いもので選んで間違いないでしょう。

↑プロバイダ総合の比較へ戻る

WIMAXの速度制限は?

速度制限は7GBを超えて通信が出来るギガ放題のプランであっても3日以内に10GB以上の通信を行った場合に速度制限にかけられます。

WIMAXの10GBの制限

参考:wimaxのギガ放題の速度制限時の制限について(QU公式)

3日で10GBは結構動画を見続けないと行かないデータ量なのであまり心配することは無いです。

また、10GBを超えて速度制限時が発生した場合にも動画などの視聴ができる程度の速度は確保されます。これは他のモバイルルーターのサービスには実現されていない大きなメリットです。

他の携帯電話会社、格安SIM業者、競合のワイモバイルのポケットWiFiでも速度制限時は動画が視聴できる速度は確保されません。

そういった意味ではダウンロードを多くする方、動画をみる方などは特にそういった点ではwimaxの方が有利な点が多いです。

wimax最安値と特典がおすすめのプロバイダは?

2017年12月のキャンペーンは

とくとくBB申し込み特典も非常に大きくトータルで『最安値』となります。

  • WIMAX「ギガ放題」の最安値なら『とくとくBB』
  • 7GBのライトプランの最安値と会員特典が豊富なのは『DTIWIMAX』
  • 初月から2年間の間非常に安く使うなら『カシモWIMAX』
  • 一番高いキャッシュバックを受け取りたい方は『3WIMAX』
  • 最初の費用を抑える&ギガ放題を使いたいなら 『BroadWIMAX』
  • 口座振替対応で一番安いWIMAXなら『ビッグローブ』
  • サポートの安心感や本家での申し込みなら 『UQwimax』
  • セキュリティなどのサポートも重視なら『ソネット』

またauスマホユーザーであればスマートバリューmineを適用すると毎月1,000円の割引を受けられます。

上記のプロバイダは「カシモWIMAX」以外はすべて適用対象です。
※wimaxの月額ではなくauの料金が割引となりますので注意してください。

もばるー編集部
また、最新端末ではwimaxエリア外の場合はauのLTE回線に切り替えることもできる機種がほとんどなので、エリア死角があまりなくなってきています。

ただしLTEへの切り替えを行うとデータ通信量の制限が発生しますので、WIMAXを申し込みするならやっぱりWIMAXエリアオンリーが望ましいですよね。

更に費用を抑えて、データ制限が7GBでも問題ないのであれば、wimaxプランよりさらに数百円ほど安いワイモバイルのプランもあり、総合的は判断でどのモバイルルーターを持つと自分がいいのかな?というのをチェックするといいと思います。

【関連】モバイルルーターのおすすめや事業者ごとの比較

もちろん、モバイル回線にもデメリットが多いです。そのため自分の利用する用途が例えば長時間接続するオンラインゲームなどであれば固定回線をおすすめしますし、ダウンロードが多い方ならどうしてもWIMAXやポケットwifiではデータ通信量や通信速度に限界があります。

ゲームや長時間接続が目的なら下記を参考にしてみてください。

⇒ オンラインゲームに適したおすすめのネット回線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です