【実験】ポケットWiFi「WX04」でPS4のオンラインゲームを試す!

PS4の人気タイトルオンラインをポケットWiFiで接続

最近よく出てきているPS4のタイトルはほとんどがオンラインプレイで幅が広がるものがほとんどですね。

もばるー編集部
人気タイトルのコールオブデューティーWW2、フォートナイト、モンスターハンターワールドなどのインターネット通信必須のPS4タイトルを手軽に持ち運べるポケットWiFiでの接続で快適にプレイ出来るかの実験です。
利用するポケットWiFi機種はWIMAXのWX04

私が利用しているポケットWiFiはこのように手のひらサイズのコンパクトなWIMAX通信ができる「WX04」という端末です。実際に前回WX04のポケットWiFiの速度レビューを行いました。

固定の光回線の方がオンライゲームではやっぱり安定ということもあるんですが、私の自宅のフレッツ光回線は大型マンションでありながら最大100Mbpsの速度にしか対応していない昔のタイプ(VDSLタイプ)という電話線を使った光回線です・・・

なので最近では夜の時間帯だとこの光回線が非常に遅く、パソコンやスマホのインターネット通信は逆に708Mbpsや440Mbpsに対応したポケットWiFi(WIMAX)に切り替えた方が速かったりするんです(T_T)

ポケットWiFiをPS4に接続したらどれくらいの速度が出る?

実際にポケットWiFiとPS4をネット接続した場合どれくらいの速度が出るのかチェックしてみました。

ポケットWiFiの速度

下り速度が23Mbps、上り速度が3Mbpsでした。

ただしポケットWiFiの種類によっては電波干渉が起こりにくい5GHzの通信切り替えることでインターネット速度が向上します。

5GHzの通信への切り替えが安定

このWIMAXの「WX04」という機種はこの切替ができるタイプなのでこの状態で速度が向上するのかチェックしてみました。

ダウンロード速度が向上

すると下り速度が約10Mbpsも早くなりましたね。

この実験はニンテンドースイッチのネット接続を行った時も試してみたので格段に速度が早くなることが分かっています。

もしこの5Ghzへの切り替え機能がある機種なら絶対切り替えたいポイントですね。

また、オンラインゲームは速度だけが重要ではなくpingの数値もかなり重要になります。このpingの値が少なければ少ないほどオンライン対戦も快適にできることになります。

このping値についてはWIMAXは大体平均で50ms程度の数値に収まっていたので問題はないと思われます。

【関連】WX04の速度とpingの結果

【動画あり】PS4のオンラインゲームタイトルをWIMAXでプレイしました

ポケットWIFiとPS4を接続してオンラインをプレイ

実際にこのポケットWiFi、WX04とPS4をインターネットに接続した状態でオンライン対戦を実践してみました。

その①モンスターハンターワールドの協力プレイ

モンスターハンターの協力プレイをポケットWIFiで接続

発売されたばかりでいきなりプレイステーションネットワークのサーバーが3日ほど落ちるほどの人気のタイトル。

この協力プレイはポケットWiFi(WIMAXのWX04の接続)で快適にプレイできるのか?

【実際のプレイ動画】

ちょっぴり長い動画になりましたが他の方と協力してモンスターを討伐することができました(^^)

こんなに小さなポケットWiFiでラグもなく快適にできたら全然ありですよね。

その①コールオブデューティーWW2のオンラインプレイ

コールオブデューティーWW2のポケットWIFi

シビアな操作が求められるFPSゲームなのでインターネット通信が安定してなければなかなか難しいコールオブデューティーWW2というゲームを実践してみましたがラグもなく快適にプレイができました。

【実際のプレイ動画】


実際に有線LANケーブルの接続ではなくWX04端末の機能の一つとなるクレードルのビームフォーミングを使ったWiFi接続でしたが問題ありませんでした。

③フォートナイト(fortnite)のオンラインプレイ

フォートナイトとポケットWiFiの接続

フォートナイトは100人で1人になるまでか、2人、4人いずれかのチームで1チームになるまで戦うサバイバルゲームですが、やっぱり同時接続の人数が多いため安定したインターネット接続が必要なゲームでもあります。

【実際のプレイ動画】

すぐに死んでしまいましたが笑 全然ラグもなくポケットWiFiでフォートナイトも遊べます。

ポケットWiFiでもできれば有線LAN接続がおすすめ

ポケットWiFiのクレードル

でもポケットWiFiであってもオンラインゲームに関してはクレードルという専用の台座を持っているのであればLANケーブルで接続することが出来るのでできたらLANケーブルを用意してPS4に直接有線で接続した方がいいと思います。

コールオブデューティーWW2のプレイ動画のマッチングの際の読み込み画面にも表示されていましたが、

Call of Duty WWⅡ は有線ネットワークで最も高いパフォーマンスができます。より良いゲーム環境のためにネットワークケーブルのご利用をお勧めします。

というようにこのゲームタイトル内でも有線LANケーブルでの接続を推奨しているようです。

ポケットWiFiのクレードルはこんな感じ

ポケットWiFiのクレードルというのはこういった台座みたいなようなものです。それぞれのポケットWIFiの機種ごとで違います。

クレードルの差し込み口

背面はこのようにクレードルの電源差し込み口、PS4などに有線で接続するためのLANケーブルの差し込み口、ポケットWiFi本体自体の差し込み口。

これで有線でPS4への接続ができます。

ただしどうしても環境上、有線LANケーブルの接続ができない方や光回線を利用できない方、クレードル自体がない場合に、ポケットWiFiを無線LANで接続する選択肢の一つとしておすすめ出来るという結果になりました。

ポケットWiFiでPS4のダウンロードは時間がかかります

PS4のダウンロードゲームをWiFiで

今回のモンスターハンターワールドはダウンロード版をポケットWiFiで接続した状態で行いました。

これも無線と有線での接続の関係もありますし、発売日当日だったので一気にユーザーがダウンロードした関係もあり完全にダウンロードが完了するまでにトータルで4時間ほどかかりました。

これがもしもポケットWiFiで「データ通信の制限」にかかっていた場合はおそらく半日〜1日ほど時間がかかってしまうのではないかと思います。

もばるー編集部

私が使用しているWIMAXは3日の間に10GB以上のデータ通信を行うと翌日だけ速度制限がかかりますが、それ以降はまた解除されて多くのデータ通信が行えるので一番おすすめのポケットWiFiになります。

完全な使い放題で利用できるポケットWiFiというのは最初から速度制限がかかっている状態なので絶対にそういったサービスでは契約しないように注意が必要です。

ポケットWiFiの種類はWIMAXが最強

ポケットWiFiならWIMAXがおすすめ

私が使っているポケットWiFiは最近CMなどで聞くUQコミュニケーションズという会社が提供しているWIMAXです。

ギガ放題といった月に上限がないデータ量で高速な速度を実感できる今人気のポケットWiFiです。

データ量も気にせず他社の携帯キャリアなどと比べても3千円弱で利用できるポケットWiFiなのでもしも検討している方は私も実際に利用していてもおすすめできるサービスだと感じています。

ポケットWiFiはLTEも使える

またこのWIMAXというサービスは電波が繋がりにくい場所ならauのLTEへ切り替えて通信を行うこともできます。

WIMAXはそういったモバイルインターネットでは一番の満足度が高いサービスなのでもしも気になっていた方は実際に前向きに検討しても良いのではないかと思っています。

【関連】WIMAXの満足度が高い理由

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

4 件のコメント

    • 毎日10時間するようなヘビーな人はもしかしたら制限かかるかもしれないですが、私が毎日2〜3時間遊んでいる感じでは速度制限にかかるような感覚はありませんでしたよ(^o^)

  • 参考になりました。うちはマンションに最初から引かれてるネット回線ですが、遅くて困ってました。
    ありがとうございます。

    • 参考になれて良かったです(^^) マンションの回線は分け合って使っている分遅いことも多いですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です