激安なカシモWIMAXのキャンペーン内容と利用者の口コミは?

カシモWIMAXのプランについて

2017年10月に彗星のごとく現れた月額が圧倒的に安い「カシモWIMAX」はのどのような企業なのか?キャンペーンや口コミを実際に調べてみました。

私はすでにとくとくBBでWIMAXを契約していましたが、もしもこの料金で利用できるなら乗り換えたいぐらいです悲

カシモWIMAXの会社について調べてみました

株式会社ミーモバイル

カシモWIMAXを提供している会社は「株式会社MEモバイル」という2016年7月に設立された主にMVNO事業を展開している会社です。

まだ発足して短い会社ですが、ここ数年で増えてきた格安SIM業者と同じような格安なインターネット業態を展開しているようですね。

他には格安SIMの「カシモ」というモバイルサービスも行っています。またモバイルインターネットの情報を発信するキュレーションメディアも展開していて通信インフラに力を入れているようですね。

また親会社は「株式会社マーケットエンタープライズ」という会社で買取、リユースなどのサービスを行っているようです。

あらゆるモノを大事に再利用して格安でサービスを提供しているある意味賢くてやり手な事業者さんなんなんだなと感じました。

カシモWIMAXの料金が安く提供出来る理由

カシモWIMAX

上記のサービス展開を見るとおそらく想像がついてしまうかと思いますが、カシモWIMAXで取扱のあるモバイル機種は新古品などを提供しています。

車でいうと数年使った中古ではなく、新車ではあるけどもちょっとしたテスト試乗や展示されていたようなもので新古車といいますが、新古品もそのようなイメージとして捉えておくと良いと思います。

そう考えるとコストがかかっていないため激安な月額料金を実現できるのではないかと思います。

ただデメリットとしては最新端末はすぐに新古品が出回らないため、発売と同時にカシモWIMAXが取り扱うことができません。

カシモWIMAXは新古品が届く
もばるー編集部
現在はカシモWIMAXで取り扱っている「W04」の後継機にあたる「W05」が販売開始されましたが、当然カシモ側では「W05」しかモバイルルーターは扱っていないため国産の「WX04」の方が使いたいという方は他のプロバイダを検討するしかありません。

カシモWIMAXがどれだけ安いか?そしてメリットやデメリットについて、他社との比較も交えて下記の記事で紹介しています。

【関連記事】WIMAXの月額料金を一番安く利用できる業者は?!

カシモWIMAXをすでに契約した人の評判や口コミは?

カシモWIMAXは2017年の10月にサービスが開始されてから低料金にフォーカスしたシンプルな料金プランのため、すでにWIMAXでは人気のサービス業者となっており契約者はすでに結構いるようです。

https://twitter.com/1mari8bt/status/933141440821051393

やっぱり申し込みしている人の多くが「月額料金」と「2年間利用した場合の総額」に魅力を感じているのでないでしょうか。

カシモWIMAXのメリットとデメリットをまとめました

WIMAXサービス事業者の中でも料金が圧倒的に目立つ安さなのですが、メリットとデメリットの2つをチェックしてみました。

【メリット①】:月額料金が圧倒的に安い

カシモWIMAXのメリットの一つとしてまず月額料金が圧倒的に安いという点です。

通常のWIMAXは上限ナシで利用できる人気のギガ放題のプランが4,380円〜で利用できますが、カシモWIMAXは契約からの2ヶ月間は1,380円で利用できます。

カシモWIMAXの月額料金
割引期間 月額料金
1〜2ヶ月 1,380円
3ヶ月〜24ヶ月 3,380円
25ヶ月〜 4,079円

スタートダッシュの料金設定はすごくインパクトが凄く、3ヶ月目からは料金が値上がりますが、通常の4,380円かかるWIMAXギガ放題の料金と比べても1,000円も安い3,380円を実現しているから凄いと思います。

その他のWIMAX料金を安く提供しているプロバイダと比べると↓

プロバイダ ギガ放題 2年総額
カシモ 月1,380円
3ヶ月目〜3,380円
77,120円
とくとくBBのWIMAX 月2,590円
3ヶ月目〜3,344円
78,748円
ブロードWIMAX 月2,726円
3ヶ月目〜3,411円
80,439円
ソネット 月3,180円
19ヶ月目〜3,480円
80,439円

このように月額料金を安く提供している事業者を抜いて断トツでトップの安さですね。

【メリット②】オプション加入が強制ではない

多くのWIMAXサービスプロバイダでは申込時に接続サポートの有償サービスや機器の有償保証サービスの加入が必須で割引キャンペーンが適用されるというパターンが多いです。

感電量販店の光回線の申し込みなどでも多いですが「この割引キャンペーン・もしくはキャッシュバックを適用するにはオプション加入が必須です」的なイメージです。

そして無料期間内で後ほど解約してくださいということが多いですが、カシモWIMAXではこのオプションサービスは強制加入ではありません。

オプションサービス非加入の選択ができる

ただし警告は出ます。WIMAXの機種が故障・交換の場合はサポート加入の方が安いですよ?という感じでてできます。

もしも持ち運びをする予定でよく持ち物(スマートフォン)などを落としてしまうクセがある方は加入していたほうが万が一の場合は安く済む場合もありますのでそれはご自身で判断してみると良いと思います。

月額は300円で2年間と考えると7,200円なのでなかなか難しい判断だとは思います。

【デメリット①】:auスマートバリューmineが適用できない

WIMAXは多くのプロバイダがauと提携をしておりauスマートバリューmineという割引サービスを適用することができます。

auスマートバリューmineとはauのスマホ契約者であれば提携しているWIMAX(WiFiルーター)契約と掛け合わせて毎月最大1,000円の割引を行うことができるKDDI系列で行っている割引サービスの事です。

auスマートバリューmine

【au公式】auスマートバリューmine

さらにWIMAXではLTEオプション(月1,005円)でWIMAXエリアが届かない場所でLTE回線へ切り替えることができますが、このLTEオプションもスマートバリューmine加入者なら無料で利用することができます。

ちなみにauスマートバリューmine適用でau料金の割引が適用出来る事業者一覧は下記になります。

スマートバリュー対応業者 auスマートバリュー対応事業者

これを見て分かると思いますが、そうです「カシモWIMAX」はスマートバリューmineの対象に入っていません。

ですからもしもWIMAXの契約を検討していて携帯電話はau契約をしている方ならカシモWIMAXが一番安く利用できるプロバイダではなくなるという事です。

ではau契約者がスマートバリューmineを適用した場合、どのプロバイダが一番安くWIMAXを利用できるのか?となると下記の表を見てください。

プロバイダ ギガ放題 スマートバリュー適用
とくとくBBのWIMAX 月2,590円〜
2年総額 78,748円
月1,000円割引×24
2年総額  54,748円
ブロードWIMAX 月1,380円〜
2年総額 80,439円
月1,000円割引×24
2年総額  56,439円
ソネット 月2,980円〜
2年総額 83,520円
月1,000円割引×24
2年総額 59,520円
カシモ 月1,380円〜
2年総額 77,120円
適用外
2年総額 77,120円
LTE利用時+月1,005円

そうです。このauスマートバリューmine適用を行うと一番安くなるのが「とくとくBB」という事になります。

さらにLTEへ切り替えた場合の通常追加で月1,005円かかる料金も無料になります。

【デメリット②】:WIMAXの最新機種は取扱がない

WIMAXの機種が少ない

特にWIMAXの機種にこだわりがなければ問題はないのですが、スマートフォンの新規契約と同じように「なるべく性能がよくて新機種を使いたい」という方はカシモWIMAXでは機種の選択肢が少ないです。

もばるー編集部
元々WIMAX自体は機種代金がかかるという概念がなく最新機種でも旧機種でも契約時に端末代金が無料になっているのでその条件ならとちらかというと最新機種の方がよいと感じますよね。

カシモWIMAX側でモバイル端末の「W04」が提供されていますが、2017年の2月に販売された機種で現在は後継機の「W05」が2018年1月に発売開始されました。

【参考】UQが708Mbps通信対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」発売

カシモWIMAXでは冒頭でも話した通り如何にコストを減らし他社では実現できない価格帯でWIMAXプランを提供するかに力を入れている理由から新古品を提供している為、最新機種の登場はまだ当分先になると思います。

【デメリット③】:LTEオプション無料の3年契約がない

WIMAX本家のUQコミュニケーションズではWIMAX通信からauの4GLTEへ切り替える際の「LTEオプション(月1,005円)」が無料化になる3年契約のプランをスタートさせています。

LTE切り替えのオプション無料

このLTEオプション料金を無料化する方法として

  • auスマートバリューmineへの加入
  • 3年契約プランへの加入

のどちらかが必ず必要になります。

ただしカシモWIMAXではこのLTEオプションを無料化する2つの方法どちらも適用することができないため、LTEへ切り替えてしまうと月1,005円のオプション料金が毎回発生してしまいます。

もしもWIMAXの契約を考えていて地下鉄、地方などでも使用する予定でLTEへ切り替える可能性がある方はカシモWIMAXは逆に割高感が出てしまいます。

カシモWIMAXのまとめ

カシモWIMAXは料金の安さのインパクトがあり魅力的ではありますが、契約するにあたりご自身の利用想定状況や現在の契約状況によって大きく変わってきます。

カシモWIMAXがおすすめな人

・LTEオプションへの切り替えはせずWIMAXオンリーの通信を行う人

auのスマホ契約者ではなくさらにWIMAXのみの通信だけで確実に安く利用したい方にカシモWIMAXが一番おすすめできます。

カシモWIMAXがおすすめできない人

・auの契約がある人
・LTEオプションの利用を考えている
・最新端末を利用したい方

これらの方は「とくとくBB」や「Broad WIMAX」が逆に安くなる可能性があります。その理由は下記で解説しています。

【関連】WIMAXの月額を条件により一番安くする方法

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です