『WIMAX実機レビュー』WX04とW04、WX03の速度測定&比較してみた。

WIMAX端末「WX04」「W04」「WX03」の速度比較レビュー

11月に発売されたWX04端末。早速手に入れたので、現行で販売されていた「W04」「WX03」と3つ並べて実際の速度を比較をしたいと思います。

もばるー編集部

どのインターネットサービス回線も「最高速度●●Mbps」と紹介していますが、さすがにそれはあくまでも理論値です。

実際にそれを使った人しか体感できない実際の速度を今回しっかりと実証したいと思います。

実施した場所は東京都の自宅です。4GLTEに関しては検証しませんがWIMAX2+の通信エリアでの比較になりますのでご了承ください。

WX04とW04とW03の端末の重量と大きさ比較

公式サイトなどで大きさや重量・厚さのスペックは分かりますが、実際はどれくらい端末ごとで違うのかサクッと比較をしてみます。

WX04とWX03とW04を比較する

WX04 の本体の大きさは横に広く縦はW04よりもコンパクトにはなっているのですが、WX03とW04のちょうど中間のような大きさに感じます。

WX04の本体の厚み

本体の厚みに関しては W04 > WX04 > WX03の順に太くなっています。W04が一番厚みがあります。

iPhone5とWX04を比較

iPhoneSE(iPhone5)と比べてみました。横幅は結構ありますがWX04は意外とコンパクトかもしれません。

小さいスマートフォンをもう一台持ち運ぶような感覚ですね。

ただし重量に関してもWX03と比べると若干大きくなっています。これはやっぱり大容量バッテリーを積んでしまった以上しょうがないことでしょうね。

バッテリーが長持ちするのならそれに越したことはありませんし、持ち運びもバッグに忍ばせておけば苦痛ではないと思います。

WX04とW04とWX03の速度を実際に測定

WIMAXのモバイルルーターの速度を比較

では今回実際に新しく発売された「WX04」と「W04」「WX03」の速度を測定したいと思います。

速度検証に使ったスピードチェックツールはPCやアプリでも信頼度の高い「SPEEDTEST」というアプリを使います。

接続をする端末は「iPhone6」と家庭用ゲーム機の「PS4」の2機種で実践してみます。

もばるー編集部
自宅での速度実測だったのですが、私の自宅は結構WIMAXの電波が通りづらいエリアになるのであまり期待している速度は出せない可能性が高いことを予めお伝えしておきます。

※5.08Mbpsなどの小数点の数値は「5Mbps」というように切り捨てて表示します。

WX04の実際の速度をチェック

WX04の速度測定

WX04には速度の変化をもたらすバッテリーの「省エネモード」「5GHzでの接続」そしてクレードルによる「ビームフォーミング」での接続があります。

もばるー編集部
今までのWIMAX端末では実装されなかったクレードルを使ったビームフォーミング。

この機能は接続する端末にダイレクトWiFiの通信電波を飛ばす機能で従来のWiFi接続より速度や安定性に向上が見込めると言われています。

【関連】WX04に搭載されたビームフォーミングについて

これらの設定で通信速度に対してのパフォーマンスが大きく変わるので比較してみようと思います。

それぞれの結果をチェックしてみたいと思います。

WX04のビームフォーミング対応のクレードル

ちなみに「ビームフォーミング」での通信を実現させるにはWX04専用のクレードルが必要になります。

このようにクレードルに差して充電を行っている状態でないと利用できないので注意が必要です。

iPhone6とWX04の速度結果

WX04のモード別 速度結果
①2.4GHz
②バッテリーノーマルモード
PING:41ms
下り:31Mbps
上り:7Mbps
①5GHz(屋内)
②バッテリーハイパフォーマンス
PING:52ms
下り:58Mbps
上り:6Mbps
①5GHz(屋内)
②バッテリーハイパフォーマンス
③ビームフォーミング(クレードル)
PING:57ms
下り:79Mbps
上り:11Mbps

やっぱりクレードルによるビームフォーミングを使った接続が一番スピードが早かったですね。若干ではあるものの速度に関しては下りも上りも向上しています。

ただ、PING値に関しては全く変化がありませんでした。

PS4とWX04の速度結果

PS4とWX04との接続結果
WX04のモード別 速度結果
①2.4GHz
②バッテリーハイパフォーマンス
下り:23Mbps
上り:1Mbps
①2.4GHz
②バッテリーハイパフォーマンス
③ビームフォーミング(クレードル)
下り:39Mbps
上り:2Mbps
もばるー編集部
PS4に関しては旧機種のため、5GHz(IEEE802.11ac)の接続に対応していませんでした(^_^;) なので5GHzの接続は実際に試せていません。

PS4の速度結果もビームフォーミングがやっぱり影響しています。クレードルに差した状態でのWiFi接続はスマホ(iPhone6)でもPS4でも速度が向上していますね。

W04の実際の速度チェック

W04の速度をチェック
W04は5GHzの接続切り替えとバッテリーセーブモードがありますので最大のハイパフォーマンスとの違いをチェックします。
W04のモード別 速度結果
①2.4GHz
②バッテリーノーマルモード
PING:70ms
下り:29Mbps
上り:8Mbps
①5GHz
②バッテリーハイパフォーマンス
PING:70ms
下り:42Mbps
上り:6Mbps

W04はビームフォーミングのような特別な機能を備えているわけではないので接続に関するバリエーションは少ないのですが、安定した速度を出してくれます。

PS4とW04の速度結果

PS4とW04の接続結果
W04のモード別 速度結果
①2.4GHz
②バッテリーハイパフォーマンス
下り:21Mbps
上り:2Mbps

W04とPS4の接続は同じく2.4GHzでの接続でしか検証ができなかったのですがクレードルによるビームフォーミング機能もないのでバッテリーの高パフォーマンス接続しか試せませんでした。

もばるー編集部
WIMAX2+の速度の最大値が「W04」が558Mbps、「WX04」が440Mbpsということなのですが、今回実験した「W04」ではそれをうまく活かせるポイントが見つかりませんでした。

今回は東京で速度実施をしてますが、まだ558Mbpsを実現できるエリアの拡大まで時間がかかるのかな?と感じました。

WX03の実際の速度チェック

WX03の速度比較

WX04の旧機種となるWX03ですが、先日まで私が現役で使っていた端末です。

WX03はW04と同じく5GHzへの切り替えとバッテリーモードで通信速度を最大まで引き上げる機能があります。
W03のモード別 速度結果
①2.4GHz
②バッテリーノーマルモード
PING:65ms
下り:23Mbps
上り:6Mbps
①5GHz
②バッテリーハイパフォーマンス
PING:70ms
下り:68Mbps
上り:3Mbps

びっくりしたのがWX03バッテリーのハイパフォーマンスモードがWX04やW04に匹敵するぐらいの速度を出した結果です。

まだまだこの端末は現役でもバリバリスピードが出るモバイルルーターですね。

PS4とWX03の速度結果

PS4とWX03の速度測定
W04のモード別 速度結果
①2.4GHz
②バッテリーハイパフォーマンス
下り:15Mbps
上り:1Mbps

PS4との接続は逆にWX04やW04と比べ20Mbpsを下回ってしまう結果になりました。

【結果】WX04・W04・W03の速度スピード比較まとめ

今回のWIMAXの現在販売されている主要の3機種について速度比較をまとめました。

【結果】スマホ(iPhone6)+5GHzのMAXパフォーマンス時

WX04が速度比較では早い結果になりました。

【結果】PS4+2.4GHzのMAXパフォーマンス時

PS4とWX03、W04、WX04の結果

自宅で使う場合で(WX04のビームフォーミングを含む)最高速度の比較だと

  1. 5GHzでスマホを接続した場合は W04 < WX03 < WX04
  2. 2.4GHzでPS4を接続した場合 W04 < W04 < WX04

順にWIMAXの速度スピードが早いということになりました。

WX04が現時点で最強速度が出る。

やっぱりWX04は今までよりも一番WIMAXの実際のパフォーマンスが出る機種となっているようですね。

また今回の結果だけでは判断は出来ないポイントが多いため、カフェや公園など別の場所で改めて速度比較ができれば追記で掲載したいと思いっています。

またエリアによってはW04が早かったりと優位性は変わる可能性もあります。

もばるー編集部
実験してみて思ったのですが、どんなに理論値やスペックだけでこれがいいだとか悪いだとか語っても「快適なのか?」「本当にスペックどおりなのか?」「実際にどっちが早いのか?」というのは実機検証をしなければ分からないです。

実際に440Mbpsや558Mbpsに近いスピードを出すなんて無理です( ・ω・)

また「4G LTE回線を使う場合はW04が最高速度だからおすすめ!」ブログや紹介サイトで言われているのですが、もともとauの4G LTEでは7GBまでしか使えませんし、LTE使う前提でWIMAXを申し込みしようとする人はほとんどいないです。

実際に私も4G LTEサービスが開始される前からWIMAXを利用していますが、4G LTEへの切り替えは一回(一ヶ月分)しか使ったことがありません。

できるだけWIMAXで快適なスピードでネット接続をしたいならやっぱり最新型の「WX04」が良いという結果でした。

もばるー編集部

自宅で実際に快適にネット回線を利用しようと思ったら私的には絶対光回線がおすすめできます。ただし外に持ち運んで「どこでもネットに繋ぐ」というサービスならWIMAXはおすすめですね。

外でもオンライン対戦を楽しめるニンテンドースイッチなどは外でならWIMAXでなおかつ最新端末「WX04」がおすすめできると思います。

またWIMAXはプロバイダ業者によっては非常に安く契約できますのでWIMAX利用を検討している方は下記で一番安利用出来るWIMAXを紹介していますので参考にしてみてください。

【WIMAXの月額比較】「マジな話!確実に「毎月の月額が一番安いWIMAX」はどれだ??

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です