WIMAXでニンテンドースイッチの「スプラトゥーン2」を外で実践してみた

WIMAXでスプラトゥーン2を実際に試してみた

ニンテンドースイッチは高画質な映像のゲームプレイをテレビだけではなく手軽に携帯してどこでも遊べるということで今非常に話題のゲーム機です。

もばるー編集部

ニンテンドースイッチの利点はどこでも持ち運べてどこでも遊べるというポイントも持っていますよね。そうなると「外でもニンテンドースイッチをWiFiに繋いで快適にオンライン通信ができるか」試してみたくなるものです。

そこで今人気の「スプラトゥーン2」がWIMAX通信でどこまで外で快適にできるか実際に試してみることにしました。

WIMAXとニンテンドースイッチ2をカフェでWiFi接続

実際に今回は自宅ではない外で快適にスプラトゥーン2のオンライン通信を実践しようと思い、コメダ珈琲というカフェに来ました。

もばるー編集部
カフェでニンテンドースイッチを大人が取り出すのは恥ずかしいものがありますね笑

WIMAXとニンテンドースイッチを接続するのに使うのはWX03

WIMAXのWX03端末

私が使っているポケットWiFiは「WIMAX」です。色々悩んで検討したのですが、やっぱりWIMAXが私にはベストです。

実際に使っているのはWIMAXの「WX03」という端末です。下り最大440Mbpsに対応したポケットWiFiですが、実際はそんなに速度は出ません・・。でも普通にオンラインゲームは快適にできると思います。

もばるー編集部

「とくとくBBの格安プラン」で私は契約していて「auのスマートバリュー」をさらに申し込んで月額3,344円から毎月1,000円の割引を受けています。

そのため、実質には「毎月2,344円でWIMAXのデータ通信上限ナシの【ギガ放題】」をフル活用しています。

WIMAXの通信ができないエリアにいる人にはあまりおすすめできません。「ハイスピードエリアモードというW04などのauのLTEへ切り替えるモード」がありますが、それを選んでしまうと、せっかくの上限ナシのギガ放題のプランでもその月は7GBまでに制限されてしまいます。

ただしそんなにたくさんデータ通信は使わないよ!って方にもW04やWX04端末ならauの4GLTEへの切り替えも可能なためWIMAXでもおすすめできます。

WX03の後継機となる「WX04」は11月に販売されました。WX04もようやくLTEへの切り替えもできるようになりました。

ニンテンドースイッチは2.4Ghzでも5Ghzでもどちらでも接続可能

やっぱりWiFi接続はオンライン通信にはあまり好ましくないとは言われますが、それはやっぱり通信状況が不安定になることが要因のひとつです。自宅では私も有線で接続をしています。

でも今回はテーマは「外でニンテンドースイッチをインターネットに接続する」検証になるので必然的にWiFi接続した選択肢がありません。

もばるー編集部

ただし、現在のゲーム機に関しては従来まで2.4GHzのみの接続しかできない端末が多かったのですが、ニンテンドースイッチに関しても5GHz(IEEE 802.11.a/ac)での接続も可能になっていて、外でもあまり電波干渉を受けない規格での接続も出来るようになっています。

ニンテンドースイッチのWiFi規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acのに対応しています。

2.4GHz 障害物に強いが電波混線や干渉して遅くなりがち
5GHz 障害物に弱いが電波干渉せずに通信の安定度が高い。2.4GHzよりも高速通信が可能になる。

もちろんWIMAX端末の「WX03」や「W04」も同じくac通信、そして5GHzの電波受信に対応しているので高速通信かつ快適にネット通信をするために、まずWIMAXの端末の設定を行います。

WIMAXでスプラトゥーン2を快適に遊ぶ為の設定

WIMAX側、ニンテンドースイッチ側両方の設定を高速化へするために上記のイメージの様な設定を行います。

W03端末の5GHz受信の設定

WX03のタッチパネルの「設定」を選ぶと上記の色々な設定項目が表示されるのでその中の「Wi-Fi-設定」を選択します。

WX03の5ghzを設定

次に現在の設定が2.4GHzになっていると思います。(基本的に初期設定でも2.4Ghzになっています。)

5Ghzの屋内と屋外

ここで屋内5GHzと室外用の5Ghzの項目があるのですが、電波法とう法律で定められていて5Ghzでも外でOKな周波数と屋内だけに限られてる周波数があります。

WX03端末では親切に室内、屋外と分かれて表示されていますので、「現在カフェの中にいるなら屋内の5GHz」でいいですし、「外のテラス席や公園などであれば屋外の5GHz」を選べば良いだけです。

現在はカフェの室内にいるので5GHz(屋内)選択します。すると「利用上の注意事項」に同意する必要がありますのでその同意文を下までスクロールして「はい」を選択します。

これでWIMAX端末からの5GHzでの受信が可能になりました。2.4Ghzと比べると倍の速度になるケースもあります。通信は「安定&高速」になればそれに越したことはありません。

設定が完了したら下記のようにWX03端末の上の表示が【5G】と表示されています。

5GHzへ切り替え完了

WIMAX「WX03」とニンテンドースイッチを接続

次にニンテンドースイッチとの接続設定ですが、まずWX03側のWiFiのネットワーク名を確認しておきましょう。

ホーム画面から「Wi-Fi情報」を選びます。

WiFi情報を確認

次の画面で表示された①の「プライマリSSID」がネットワーク名、そして②がニンテンドースイッチ側で入力する「ネットワークパスワード」になります。

プライマリSSIDとパスワードを確認

このネットワーク名とパスワードを確認した上で、ニンテンドースイッチでWi-Fiのネットワーク名を検索します。

ニンテンドースイッチの「設定」を選択してその次に「インターネット」を選びます。

ニンテンドースイッチのインターネット接続設定

インターネット設定を「有線接続」か、見つけたネットワーク(WiFi)を選ぶことができます。

さきほどWIMAX端末のWX03で確認したネットワークが表示されたらそれを選びます。

ネットワーク名を選んだらWIMAX端末の「パスワード」を入力します。

パスワードを入力して「接続テスト」に成功すればWIMAXとニンテンドースイッチの接続が完了したことになります。

wimaxとニンテンドースイッチの接続が完了

WIMAXとWiFi接続した状態でスプラトゥーン2を実践

それでは早速、カフェ(外で)WiFiに接続した状態でスプラトゥーン2のガチマッチを実践します。

wimaxでニンテンドースイッチをプレイ

4対4で対戦するゲームなので1人が抜けてしまうとかなりの痛手になるゲームなのでかならずWIMAX通信が安定している場所での通信を心がけるのは必須です。

実際にプレイ状況を撮影した動画です。

もばるー編集部

ふつーに快適にオンラインプレイができています。外でもニンテンドースイッチでスプラトゥーン2のレギュラーマッチやガチマッチがプレイできました。

この日以降、サーモンランなどもやっていますが自宅で光回線で接続している状況とほとんど変わらずにプレイができています。

PS4も同じくWIMAXの通信プレイでも比較的快適に利用できていたので同じく大丈夫そうですね。

【関連】PS4とWIMAX接続でオンラインゲームを試してみた。

外でニンテンドースイッチでオンラインプレイするならWIMAXがおすすめだけども地域による

スプラトゥーン2とWIMAXは相性が良い

今回の実験では非常に快適にスプラトゥーン2を外で遊ぶことができましたが、「確実にWIMAXがおすすめ」ということは言い切れません。

もばるー編集部
実は私がWIMAXを6年前に使っていたときは通信が東京でもできないところが多くて「本当に使えないモバイルルーター」と思っていましたが、ここ数年でいい感じにエリアが広がってきたかなという感覚です。

それを踏まえてなおかつ私が住んでいるのが東京だからだと思いますが、地方に住んでる方などのようにWIMAXのエリアがまだまだ微妙な地域が多いことも事実です。
もしもWIMAXの安定通信が微妙なエリアだと感じる方はドコモやauなどのスマートフォンでのテザリングなどが最良の手段かもしれません。

もしもWIMAX通信エリアが非常に快適でそこそこ速度も安定してその範囲でのライフスタイルが主であればWIMAXを使った通信がコスパが非常に優れているのでおすすめ出来ると思います。

【関連記事】WX04とW04の速度はどちらが早いか?比較

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です