7GBのデータ制限はどれくらいで到達する?【実験&検証&対策】

7GBはどれくらい?制限は?適正な料金は

実際に7GBのデータ制限が発生することにより実際はどれくらい月内にデータを使っているのか?また7GBでは毎回速度制限にかかり「足りない」と思っている人はどれくらいの通信を普段行っているのか?

20ギガのデータプラン

最近では20GB以上のプランも多くなってきましたね。それだけデータ量をネットで使用するユーザーが増えたことは間違いありません。youtubeやSNS、ゲームアプリなど場合によってはデータ量を多く消費します。

それらを踏まえ7GBは実際どれくらい通信すると到達するのか実験と目安を調べてみました。

そしてスマホの7GBプランでも頻繁に制限にかかる方に対策としておすすめのモバイル回線も合わせて紹介します。

7GB制限にかかるまでのデータ量をまとめました

7GBに到達するまのデータ量を調査

①1ヶ月7GB到達までの目安【1ヶ月の場合】※ソフトバンク公式データ

  • メールの受信 1ヶ月1,870万通
  • WEB閲覧 50,600ページ
  • 動画視聴 33時間
  • 音楽ダウンロード 1,790曲

※一ヶ月で見るとやっぱり突起して動画視聴が多くのデータを消費するということですね。

ここで表記のある動画視聴は基本的には低画質での視聴をした場合になるので注意してください。高画質動画(youtubeで720pや1080pと表示される相当の画質)で視聴した場合は数時間程度であっという間の到達になります。

②LTEフラットで7GB利用までの目安【1日の場合】※au公式データ

  • うたパス 約4時間再生
  • ビデオパス 約35分の再生
  • WEBブラウザ 1012ページ
  • メール 約4.7万通
  • Youtube 2時間視聴
  • 地図 googleMaps 約326回
  • 音楽ダウンロード 60曲

※メールや地図などは全然余裕ですね。通信量が少ないということでしょう。また音楽は1日でもこんなにダウンロードするお金持ちはいないと思うのであまり参考にならないですね。

ここでもYoutbeについては低画質『240pもしくは360p』で視聴した場合になります。

もばるー編集部
上記の目安はau、ドコモ、ソフトバンクどの携帯電話キャリアと契約しても同じデータ量で消費します。

これらの会社別でデータの消費量に差が出るわけではありません。※ただし通信速度に関しては会社別やユーザーの利用割合によって変動します。

写真 2015-02-22 10 13 39

特にスマホ利用中などで上記のような速度制限の警告を受けている人は注意が必要ですね。※私の場合は月3GBまでのプランなので3GBリミットの連絡がSMSで通知されます。

7GBを目安にデータ通信量の実験をしてみました

LINEなどのメール通信やWEB閲覧などは少量の通信しか利用しないということでそれ以外の結構みなさんが利用する可能性がある動画やダウンロードについての通信量の実験をやってみました。

【実験①】アプリのダウンロード

スマホのアプリなどはどれくらいの通信を使うのか試しました。

apurida

インストール前のデータの使用容量です。約7MBです。

s-Screenshot_2015-02-22-11-04-50

モンスターストライクは大体サイズが45MBあるアプリです。これをダウンロードしてみます。

s-Screenshot_2015-02-22-11-05-46

ダウンロード後の通信量を見てみると約46MBの通信量を消費しました。

アプリに関してはアプリのサイズとほぼ同等ってことでしょうか。

もばるー編集部
アプリではさすがに100MBを超えるサイズのものはないとは思います。

ただ、1つのアプリが大体50MBのデータ通信を消費すると考えてデータ7GBだとアプリ単体で月に140個程度ダウンロードすることが可能ということですね。

【重要ポイント】

しかしながらダウンロードだけではなく、アプリは定期的にアップデートがありそのアップデートデータをダウンロードする際にも通信データ量を消費してしまいます。

よってアプリを数十個以上ダウンロード&インストールしている方は定期的なアプリのアップデートによってさらに初回ダウンロード時以外にもデータ量を消費してしまいます。

基本的にはアプリのアップデートはWiFi接続を推奨していますし、そう考えると7GBだけのデータ通信では案外少ないという感覚にもなってくると思います。

【実験②】YoutubeのHD画質での視聴

SC03382

私が利用しているWIMAX端末(※HWD15)でLTE回線に切り替えYoutubeでHD動画を見るとどれくらい消費するかやってみます。

C03383

視聴前のデータ通信量はこのように0GBです。

s-DSC03385

Youtubeの動画の画質を720pの高画質で5分間の動画を視聴してみました。

s-DSC03389

0.1GBの通信量『100MB』のデータ量を消費しました。

ということはYoutubeの高画質の動画を7GBのデータ量では5.8時間しかみれないという結果に。。高画質動画を見まくる人は7GBは厳しいかも。最近は高画質で4k動画などもyoutubeで流行っているので危険ですね。

【実験③】Huluの映画&ドラマの視聴

s-DSC03390

次はHuluの動画ですね。試しに人気のアニメ『寄生獣』約20分の動画を視聴してみます。

s-DSC03391

先ほどの100MB『0.1GB』のデータ量を消費した状態から視聴したところ、180MBのデータ通信を消費しました。 ということは、Huluの場合は7GBのデータ通信だとhuluの動画は13時間程度しか見れない計算になります。。

映画好きの方でhuluなどの長時間の動画視聴をする方はやっぱり7GBの通信制限は厳しいのかなと。。

s-写真 2015-01-01 1 56 27

試しに約40分程度の24のドラマを見てみると300MBのデータ量を消費しました。動画や通信の環境によって消費する通信データ量が変わってくるようですね。

もばるー編集部
今回試した動画視聴の実験だとYoutube等の高画質動画(4K)が一番データ量を消費しました。

スマホで見る分には低画質に抑えられていますが、PCなどでモバイル回線やテザリングをして動画を視聴などをする場合は注意が必要になります。

【重要ポイント】

今回の実験の7GBのデータはそれぞれが単体で利用した場合の実際に利用できる通信量の合計です。

それ以外に普段のWEBの閲覧やメールSNSなどの通信など、普段の利用するネット通信量をあわせると月に利用できるそれぞれのデータ通信の量は確実に少なくなります。

また、PS4やWiiU、PSP、3DSなどの家庭用ゲーム機も現在はダウンロード配信されているゲームソフト(アプリ)があります。(自宅で光回線などを契約していない人に限ります

ゲームもネット決済し気軽にゲームを本体にダウンロード出来るようになっていますが、ゲームデータが●●GBなどのように大容量のデータならダウンロードしている途中で即速度制限の対象になるのは間違いないです。

データ通信の速度制限を受けないようにするための対策!

速度制限にかからないための対策

「月末近くにいつも制限にかかってしまう」「まだ翌月まで日数があるのに速度制限にかかった」ということになってしまう場合には自身の利用用途と契約しているデータ量のプランが噛み合っていないことが考えられます。

それでも料金をこれ以上高くしたくないというのが本音ですよね。ではどうやって速度制限を回避するか?

動画をモバイルデータ通信で視聴しない
アプリのインストール&アップデートはWiFiに接続する
通信データ量測定アプリで通知サービスを使う
LINE通話やビデオ通話をモバイル通信では控える
バックグラウンドでアプリが通信しないようスマホの設定を制限する

ということを実際に実施しなければならないです。

特に外出先で空いた時間でYouTubeをどうしても視聴したい時は低画質の設定を行うと通常よりも多くのデータ量を使わずに視聴することもできます。

↑YouTube再生画面の右上の点々を押します。

↑すると「画質」という項目が表示されます。そちらをタップします。

↑さらに開いた画面で「自動設定」から240pや144pの画質へ変更することで通信データ量を抑える効果があります。

 

もばるー編集部
ただ画質が悪くなりそれを我慢出来る人と心地よく見れないと思う方もいると思います。ただしこんなことをしてたら「せっかくのどこでもインターネットに接続が出来るスマホの意味がない」と思ってしまいますよね。

そこで最近になり各大手携帯会社でスタートした20GB、30GBというプランを検討する方が増えてきています。

携帯電話のプラン20ギガ、30ギガの大容量プランは月額が高くなる

ドコモの「ウルトラプラン」、auの「スーパーデジラ」、ソフトバンクの「ギガモンスター」

今現在話題になっている携帯電話会社で開始した大容量の通信ができると言われるプラン、CMや公式サイトでは1,000円+するだけで20GBの通信料にアップすることができると言われています。

もばるー編集部
これらは月額6,000円で利用出来ると話題ですが、実際には通話料・端末の割賦代金・その他オプションなどを含めれば結果的に毎月の維持費が結構上がります。

携帯電話会社の20GB、30GBプランを検討していた方は一度下記を読んでみてください。

20GB使う為に、実際にどれくらいの金額になるのかカラクリについて下記で解説しています。

こんな記事も読まれています

7GBデータ制限で厳しいと思う方はギガ放題でたくさん使えるWIMAX

20GBのプランを利用するなら、4,000円弱で最大使いまくって70〜90GB以上ほど利用できるWIMAXもあります。

提供しているプロバイダによっては実質3,000円ほどで利用できるプロバイダーもあります。

wimaxはたくさんのデータが使える

何よりも携帯電話会社の20GBとWIMAXの20GBを利用した場合の料金の差が半分ぐらい異なる為、通信エリア内にいる人ならWIMAXは料金的にも通信量的にも良心的でかなりメリットはあると思います。

もばるー編集部
WIMAXは家族のも合わせて私は2台利用しています。WIMAXの各料金比較については下記で解説しています。

【関連】WIMAXを最安値で使う為の料金比較

7GB以下でおさまるしもっと安くしたいなら格安なワイモバイルのポケットWiFi

今回の7GBの通信データ量について「自分だったら7GBもしくはそれ以下でも十分収まりそう」と考えている方なら5GBで2千円程度で利用できる非常に激安なポケットWiFiのルーターがあるのでそちらをおすすめします。

ドコモやau、ソフトバンクなどで5GBプランで5,000円も毎月払っていることになるので非常にもったいないです。

【関連】2,000円弱で安い!ポケットWiFiプランについて

なぜ7GBや8GBなどのデータ量の利用制限を行うのか?

せっかくモバイルで高速通信が利用できるようになったこのご時世なのにデータ量を制限してしまうのか?それには理由があります。

モバイル通信はフレッツ光などの電柱から導入する固定回線と異なり、各地域の基地局から電波を複数のユーザーで分け合って通信をしています。

モバイル通信は各基地局でユーザーで分け合って通信している

※絵が下手ですみません。

上記の図のように、ひとつの基地局で同じユーザー(ソフトバンク、au、ドコモのユーザー同士など)で基本的に通信を分け合っています。

ここで例えばある一定の基地局内の地域で大量にデータ通信を行う人が現れたとします。

一人だけ大量に使うと基地局からの通信が込み合って他のユーザーに低速などの影響をもたらす

そうすると大量に通信を行っているユーザーのせいで基地局からの通信が込み合い、他の同じユーザーへの通信速度の低下(いわゆる回線の込み合い)が発生してしまいます。

【重要ポイント】

現在でいえば、震災などの自然災害時にみんながこぞって連絡を取り合いモバイルネット通信を同時に使えば込み合って全く通信ができなくなる現象と同じです。

一定の人の大量の通信のせいで他のユーザーへ迷惑をかけないためにこの「●GB超えたら通信制限」というルールを設けるしかないという結果になっているんですね。

ですので、この問題はこれから基地局増やせっていうだけの問題でもないと私は思っていますし、それによってネットでいろいろできる時代でデータ容量の増加に伴い高額料金の設定をされても困ると考えるユーザーも多いことも事実で非常に難しい現状だと思います。

そこで別回線のモバイルルーター(例えばWIMAXやワイモバイル)などの2台もちなどで回避するユーザーなども身近に増えてきています。

今や7GBが標準の通信量では少ないと思う利用者は圧倒的に多くなっていると思います。

固定回線(光回線)もスマホのデータ通信を節約

光回線は速度が早く安定する

また自宅でインターネットを利用する機会があるのなら、フレッツ光やauひかりなどの光回線を検討することも考えてみるのもありだと思います。

自宅にひく光回線ならほぼ制限なしに多くの通信ができますし、アプリのアップデートなどは自宅で契約した光回線のWiFi接続で済まし、スマホのデータ通信量の節約も行うことができます。

auスマホユーザーならauひかり契約でスマホの割引が適用できますし、ドコモユーザーならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光などあり同会社のスマホ契約者なら割引の特典が受けられます。

auスマホを契約中の人
auスマートフォンユーザーならauひかりを契約すると「auスマートバリュー」を適用することで毎月のスマートフォンの月額料金が最大2,000円割引可能です。

auひかりならauから申し込みするよりもso-netの方が割引率が高くておすすめです。

【公式】: auひかり(so-net)

auスマホを契約中の人
ドコモ契約者はドコモ光を契約することでデータプランの種類によりますが、セット割にてスマホの月額を安くすることができます。

ドコモ光はドコモ本家で申し込みするよりも「とくとくBB」がより高速プランで安く利用することができ申し込み特典も受け取れます。

【公式】: ドコモ光(とくとくBB)

auスマホを契約中の人
ソフトバンクも同じくソフトバンク光というサービスを提供しており、最大1,522円の家族みんなのソフトバンク携帯の割引が適用できます。(※プランにより割引額は変動します)

ソフトバンク光契約でおうち割を適用する

ソフトバンクは現在Yahooと提携しておりYahoo公式で申し込みができます。

【公式】: ソフトバンク光(YahooBB)

家じゃなく外でネットをバリバリ使いたい。モバイルのデータ通信を増やしたいWIMAXがかなりおすすめ

やっぱり自宅での通信じゃなく、外や外出先などでインターネットを使うシーンが多いから外でたくさんデータを使いたいと思っている方も多いと思います。

実際に携帯電話会社の20GBプランとWIMAXプランを比較してみます。

大手携帯電話会社20GBプラン 月6,000円
(テザリングオプションは2018年から+500円予定)
WIMAX上限なしのギガ放題 月4,380円
(プロバイダ経由なら3,344円)

こう比べると携帯電話会社より安くなりさらにデータの上限ナシで毎月インターネットを利用できるのはかなりメリットがあると思います。

ただし『ギガ放題』でも3日間に10GB消費すると翌日までに制限がかかりますが、それを含めても月に90GBのデータ通信を利用できる計算になります。

そう考えるとwimaxはドコモやau等と比べても格安で利用できるモバイル回線だと思います。

WIMAXは必ず利用できるエリアをチェックして

ただし通信エリアがドコモやauより狭いので必ずWIMAXの通信提供エリアをチェックしたうえで申し込みを検討してみるのもありだと思います。

もしも通信エリアと自分の住まいをチェックしてみて微妙なラインかもしれないと思っている方にはWIMAXを15日間無料でお試しするサービスがありますので、それを利用してみて判断してみてもよいと思います。

【UQWIMAX公式】WIMAXを15日間無料でお試し(Try WIMAX)

もばるー編集部
無料もちろんレンタル料、手続きは完全無料ですので実際に試して気に入ればそのまま使えますし、一旦利用を終了して安いプロバイダで契約するのが良いと思います。

私は一番安く利用できているとくとくBBでWIMAXを契約しています。

【関連】WIMAXで一番安く使えるとくとくBB

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です