急上昇の『格安SIM』の気になる用語まとめ

kakuyasusimue

スマートフォンがテザリングできるようになったのがつい数年前の話ですが、今はそのスマートフォンを使った格安SIMサービスが急上昇しています。

メリットとしては通信料金がかなり安く抑えられる所とデータプランの豊富さ、そして解約金がない点が注目されてますね。

この格安SIMに関わるニュースサイトなどでよく見る『専門用語』について解説をまとめてみました。

SIMサービスの用語集

MVNO

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。

無線通信を他社から借り受けてサービスを提供している通信事業者のこと。

例)ドコモのLTE回線を借りてニフティ(プロバイダ)がサービスプランを提供するというような意味合いを持ちます。

簡単にいうとプランはニフティから提供しているが、裏はドコモのネット回線ですよって意味ですね。

 

SIM

スマートフォンや携帯電話がネット通信や通話を行うために必要な本体に差し込むICカードのことを指します。

どのスマートフォンやガラケーもこのSIMと呼ばれるICカードに契約した電話番号の情報があり、これを差し込むことで携帯電話として利用できる仕組みとなっています。

格安SIM業者も同じくこのSIMをスマートフォンに差し込んでその業者のプランに沿った料金プランで利用できるということになります。

※例えばドコモで契約していたiPhoneでドコモの契約だけ終了し、新しい格安スマホサービスのSIMを差してiPhoneを利用することができるというのがこのSIMの特徴です。

SIMカードの大きさと種類について

⇒ 参考:SImカードのサイズについて

またSIMカードは、【通常】【マイクロ】【nano】という3種類の大きさがあり、スマートフォンの個体によってはこの3つに分かれ、この大きさの規格に合うものを用意しなければなりません。

現在は、どのMVNO業者もこの3種類のSIMサイズから選択できるようになっていますので、利用予定のスマートフォンのSIMサイズをあらかじめ知っておく必要があります。

 

SIMフリー

ドコモやauなどで通信のキャリアロックをされているスマートフォンではなく、上記のMVNOのどのSIMを差し込み通信ができるスマートフォンやタブレットのこと。

SIMフリースマートフォンはドコモやauなどのキャリアロックがされてないスマートフォンのことを指します。アップルの公式サイトで販売しているiPhoneはキャリア版、SIMフリー版と2つ存在します。

現在はどのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でもSIMロックの解除の手続きを行うことでSIMフリースマートフォンにすることが可能です。

注)新規契約から半年間または180日間は各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でのSIMロック解除に応じてくれません。

 

音声通話SIM

インターネットの単なる通信だけではなく、携帯電話のように電話番号を付与され音声通話もできるSIM

携帯電話キャリア(ドコモ、auなど)は元々この音声通話付きSIMとなっていますが、格安SIMプランでは音声通話無しでさらに費用を抑えることも可能。

現時点では電話し放題プランは格安SIMサービスでは実現できていませんが、NifMoなどが電話かけ放題のサービスを開始しています。

月額の価格設定は低いのですが音声通話に関してはドコモ、au本家と比べると若干の品質低下があるようです。

⇒ NifMoでんわ(公式)

 

SIMロック解除

ドコモ、au、ソフトバンクなどで契約したSIMロックされたSIMを解除すること。

この解除を行うことにより、同キャリアでしか使用できなかったスマートフォン端末が他のMVNO業者(格安SIM)などでも音声&データ通信を利用することができるようなります。

ただし、各キャリアが契約から半年間はSIMロックの解除に応じないため、注意が必要になります。また、店舗でSIMロック解除を行う場合は3,000円の手数料がかかりますが、WEBにて手続きを行う場合は無料になります。

注意が必要なのはSIMロック解除できないスマートフォン端末も存在することです。その為、各キャリアにてSIMロック解除が可能な端末なのかあらかじめチェックする必要があります。

 

データ通信の速度制限

これは格安SIMサービスに限らず、携帯キャリアと呼ばれるドコモやau、ソフトバンクでも同じく、月内に規定のデータ通信量を越えてしまった場合に、翌月までに速度制限を受けることです。

例えばLTEで下り150Mbpsで月7GBまで利用できるプランだとしても月に7GB以上の通信を行ってしまった場合は翌月の初めまで、本来のLTEの速度ではなく128kbpsや200kbps程度の速度に制限されます。

SIMに関する知識があるとこれからは得する

  • 契約しているスマホの月額料金が高い
  • もっと携帯電話の料金が安くならないか
  • 2台持ちでも料金を抑えるコツがあるか

おそらくこのように考えている人には格安SIMのプランはかなり魅力的になってくると思います。

もちろん通話メインで「電話かけ放題」にメリットを感じているのであれば、もしばらくするとMVNO業者からもどんどん電話かけ放題サービスが始まってきそうな流れになりそうです。

パケットのデータ定額でもドコモ、au、ソフトバンクなどは月2GBで3,500円と非常に高いですが、格安SIM業者なら2GBで800円~と非常に安くLTEの回線を利用することも可能です。

月額に考えるとそこまで大きな差は感じないかもしれませんが、1年、2年と利用することを考えると数万、数十万という大きな差があり無駄な支払を減らすなら検討する余地は大いにあると感じています。

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です