ドコモから下り150Mbps対応の『Wi-Fi STATION HW-01F』

WiFiSTATION HW-01F
WiFiSTATION HW-01F

ドコモから最高速のLTE対応のモバイルルーターが発売されます。

『Wi-Fi STATION HW-01F』です。

スペックは

  • 下り最大150Mpbs
  • 上がり最大50Mpbs
  • 800MHz/1.5GHz/1.7GHz/2.1GHzの4バンド対応
  • IEEE802.11a/b/g/n(2.4/5Ghz対応)
  • 同時接続台数 10台

とまずまずの仕様になっています。
回線はドコモのXi(クロッシィ)のLTEです。

 

速度は理論値だけどもモバイルルーターでは高速

現在の主流は下り最大75MbpsのLTE回線が多いです。
その中でも100Mbps超えをしてきたドコモの回線は
自宅の固定回線(フレッツ光)などに匹敵する速度ですね。

ただし、モバイル回線なので固定回線ほど安定性は
ないとは思います。

私の経験上、最大値に対して大体6分の1ぐらいが
実測のですね。

現在のLTEの75Mbpsで10Mbps~15Mbpsぐらいです。
ですから150Mpbsだと実測は25~30Mpbsぐらいでしょか。

 

5GHzに対応したのは嬉しい

現在の無線ルーターは2.4GHzが街中に飛び交っていて、
人が多い場所や同じようにスマホやモバイルルーターを
使ってネット接続をしている人との混線が避けれません。

その中で比較的、混線に強い5GHzでの接続をすれば、
ネットの接続も少なからず安定するので嬉しい機能ですね。

 

流行りのタッチパネルディスプレイ対応

モバイルルーターでスマートフォンのように、
あれこれする訳ではないんですが、タッチパネル対応で、
直感的な操作が出来るようになっています。

wimax2+利用できるHWD14と同じタイプですね。

インターネット接続に必要なSSIDとセキュリティーキーの
入力も省いて、本体のRコードを読み取るだけで
接続が完了する機能もあるようです。

この機能はパソコンでは使えないかもしれませんね。
主にスマートフォン向けの機能ですね。

ゲーム機やパソコンは従来通り、SSIDを探して、
セキュリティーキーを入力する作業が必要だと思います。

 

バッテリー駆動時間についてはまだ非公開

3月中に発売予定ですが、
まだバッテリー駆動時間は非公開です。

連続通信時間は最低10時間以上
持って欲しいですね。

最近のモバイルルーターは10時間以上の
バッテリー駆動時間が多いです。

スマートフォンのバッテリーの節約の役割も
果たせると思いますので、長時間のバッテリーを
期待したいですね。

 

月額料金は高い

  • データ通信(Xi)フラット \5,700
  • ドコモ利用者なら2台目として\3,791~

この上記のどちらかの金額に
mopera Uスタンダードプラン』500円
がプラスかかります。

⇒ データ通信料金プラン

ですので、ドコモユーザーでない方は6千円もかかります。。。

ドコモユーザーだけが有利でしょう。

わたし的には料金はもっと安くしてほしいと思います。

モバイル回線でもイーモバイルもwimaxも
月額3千円台なんですから。

 

まとめると高速回線は魅力的だけど、コスパが悪い

ドコモやauはモバイルルーター単体としてみると、
あまりユーザーに優しい料金系体ではありませんね。

今後のイーモバイルやwimaxがエリアでドコモに
追いついてきた時にどう出るかですね。

頭が固い会社だと思いますので、料金競争には
あまり参戦しないでしょう。

ドコモユーザーだと申し分ないかもしれないですね。
ドコモユーザーでも4千円近くの月額がかかりますが、
単体申し込みよりは毎月2千円近く違うので、
2千円の差は大きく感じるでしょう。

また、4バンド対応ということで、各基地局の切り替えが
スムーズに行けば外出先では無敵のモバイルルーター
なるかもしれないですね。

携帯キャリア自体が現在パケット定額を5,700円で
価格を合わせてますよね。

スマートフォンのテザリングでそこをうまく
掴まされてるような気がしてならないのは私だけでしょうか。

モバイルルーターのおすすめは?最安は?まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です